パーソナルカラー診断

パーソナルカラー診断|春夏秋冬のタイプ別の服とメイクの特徴と法則

 

「サマー(夏)」「オータム(秋)」「ウィンター(冬)」「スプリング(春)」
これはパーソナルカラー診断受けた人ならわかる、パーソナルカラー診断に使われる分類の用語です。

実は、パーソナルカラー診断を受けた人でも、分類の色の法則を理解して、実際の生活で活かせている人が、少ないのが現状です。

ここでは、色彩の勉強をしたことがない人でも、わかりやすいように、解説していきます。

パーソナルカラー診断とは

色は、隣り合う色の影響を受けて、明るく見えたり暗く見えたり、くすんで見えたり鮮やかに見えたりする、性質を持っています。

パーソナルカラー診断は、このような色の性質を使って、人がもともと持っている肌や、髪や、唇や、瞳の色素を引き立て、健康的で美しく、魅力的に見せる組み合わせを、見つけるものです。

 

人がもともと持っている色素の特徴を、「春夏秋冬」の4つの季節に分けて、表現するので、パーソナルカラー診断を受けた人なら、自分がどの季節に属しているかを知っています。

 

4つの季節にわけると複雑になってしまうので、春と秋をまとめて「イエローベース」、夏と冬をまとめて「ブルーベース」、という2つだけに大きく分けるだけの診断をする、という人も、たまにいるようですが、春と秋では色味はイエローベースで同じでも、鮮やかさや明るさが大きく違ってくる
ので、「サマー(夏)」「オータム(秋)」「ウィンター(冬)」「スプリング(春)」という四季に分ける方が効果的だと思うのです。

パーソナルカラー診断の目的

診断を受けた人が、自分の季節と、似合う色を教えてもらっても、実際に見た目のイメージが変わるほどに変化できている人が少ないのが現状です。

それは、診断する側が、似合う色を見つけるまでが仕事だ、と思っている人が多いからだと思います。

 

私も最初の頃は、やはり、似合う色を正しく見つけることが、診断の役目だと思っていました。

 

カラー診断は数多くの診断をこなさないと、間違いやすい部分があるので、正しく見つけることは、最も大事なスキルです。

 

セカンドオピニオンを希望される方もいて、再診断の結果、間違った診断を受けていた、という事実はいくつかあります。

 

パステルトーンが似合うから「春」だと診断された人が、本当は「夏」だったり、キレイではっきりした色が似合うから「冬」だと診断された人が「春」だったり、間違えやすいところで間違っていることがあります。

なので、まずは正しい診断をすることが最も重要なことなのです。

 

でも診断を受ける人は、自分の季節を知ることが目的ではなく、

「オシャレに見られたい」とか

「異性にモテたい」とか

「やさしそうに見られたい」とか

「第一印象をよくしたい」とか

「仕事ができるように見られたい」とか

「若々しく見られたい」とか

 

実際の生活での「イメージの変化」を望んでいることがほとんどなのです。

 

望む変化をするためには、似合う色を知るだけではなく、似合わない色を知るところから始まって、色と形のトータルのイメージを理解し、骨格診断といわれる体型の特徴と、顔つきなどから感じる、全体の雰囲気づくりまで知る必要があるのです。

 

そのためには、専門的な色の組み合わせよりも、「キーワード」で理解して、統一感がある雰囲気で見た目のイメージを変えることが効果的です。

 

人から褒められることで自信を感じ、人に出会うことが楽しくなり、よりよい人間関係が築けるようになるなどの、「実際の生活の変化」が、私が考えるパーソナルカラー診断の目的です。

 

 

タイプ別の特徴と法則

色の世界は、センスではなく、一定のルールと法則が決まっています。

そんな色のルールと、色に対する感覚的なイメージをベースに、春夏秋冬にわかれています。

自分の季節がわかったら、季節の特徴に沿って、ファッション計画をしてください。

服選びは、色だけでなく、デザイン、生地素材、サイズ、価格など、いくつかの要因があるので、どう選べばいいかわからなくなってしまうのですが、特に全体の雰囲気が《キーワード》と、かけ離れないことと、《NGカラー》を避けることが、大切なポイントです。

 

それぞれの季節の【ベースカラー】と《季節のキーワード》は下記のとおり。

スプリング(春)の特徴

【イエロー】《キュート・プリティ・華やか》

春の花畑のような、明るい色がよく似合う。

色素がやや薄く透明感があり、欧米人のような雰囲気の人が多い。

全体をやわらかい雰囲気でまとめることでオシャレになる。

黒が冷たい雰囲気になって苦手なので、気をつけて。

 

サマー(夏)の特徴

【ブルー】《エレガント・ソフト・さわやか》

サマーの人は、全体的に、さわやかで優しげな雰囲気が似合います。

大きく大胆な柄よりも、小さな柄。細いストライプなどが似合います。

パステルカラーや、メリハリが強くない中間色や生成りなどがいい。

素材もナチュラルな、麻や綿など、ツヤがない方が馴染みます。

 

オータム(秋)の特徴

【イエロー】《シック・ゴージャス・艶やか》

秋の山の紅葉のように深みがあり、シックで落ち着いた、ナチュラルな印象がオータムの特徴。

直線やスポーティな雰囲気よりも、ペーズリー柄のような複雑で味わいがある柄が馴染みます。

アニマル柄がよく似合う。ヒョウ柄がオシャレな印象になるので、安心して取り入れて。

明るい原色よりも、少し抑えた色味で大人なミステリアスなタイプです。

 

ウィンター(冬)の特徴

【ブルー】《シャープ・スポーティ・鮮やか》

ウィンターの人は、鮮やかで大胆なデザインに負けないので、光った素材もシャープなデザインも都会的でオシャレに見えます。

メンズっぽい服が似合うのもウィンターの特徴です。

直線的で機械的なシャープなデザインが似合い、原色がきれいに映えるので、思い切ってきれいで鮮やかな色にチャレンジを勧めます。

黒と原色や、原色同士も大丈夫。メリハリある組合せがオシャレです。

ふだん、ベージュなどを着ている冬の人は、別人のようになります。

メイクの選び方

春と秋は、イエローベースなので、

ゴールドや、ベージュ、ブラウン系

リップやチークは、オレンジやコーラル

 

夏と冬は、ブルーベースなので、

ホワイト、シルバー、ブルー、グレー系

リップやチークは、ピンクやローズなどオレンジを感じさせない色を選んで。

オレンジは、老けて見えるので気をつけて。

「無難な色」はどんな色?

診断前に、普段の服装などのヒアリングをすると、「無難な色が多いです」という返事が少なくありません。

いちばん多い「黒」や、「白」「ベージュ」「茶」「グレー」などが無難な色と思われているようです。

しかし「無難な色」という色はなく、どの色も、季節によっては、《NGカラー》になる色なのです。

無難な色だから安心と思って買った高いコートが《NGカラー》だったら悲しいですよね。

コートなどの広い面積の服や、顔に近いストールなどの色は、印象に大きな影響を与えるので、注意が必要です。

 

季節ごとの【無難な色】と《NGカラー》です。

春【ベージュ】《黒・グレー・真っ白》

夏【グレー】《黒・オレンジ・原色》

秋【茶】《グレー・真っ白》

冬【黒】《ベージュ・生成り・茶色》

 

無難な色で一番人気の「黒」は、冬の人だけの無難な色で、他の春夏秋に人にとっては、基本的にNGカラーになります。組み合わせ方で、黒の扱いは変わるけど、基本的にはNGカラーです。

「真っ白」もとても難しい色。組合せ方で、夏と冬の人は馴染みますが、。

似合うの判断基準

もしも、色のルールを無視して、気分やセンスだけで服やメイクを選んでしまうと、色の法則の影響で、肌のツヤが消えてくすんで見えたり、老けて見えたり、元気なく見えたりします。

似合う時と似合わない時は、まったく印象が印象がちっがてみえ、性格や、年齢まで違うように感じるのです。

これらは、色の法則からくる自然現象なので、人はなんとなく本能的に感じて、「感じがいい」とか、「感じが悪い」とかを瞬間的に判断してしまいます。

第一印象で、感じが悪いと思われたら、長く影響を受けてしまいます。

似合う時の見え方

●肌のツヤが出て、瞳にエネルギーがありキラキラに見える

●ほうれい線や、シミ、ニキビ跡などの肌トラブルが気にならなく感じる

●口角が上がって見え、幸せそうで健康的な印象を与える

●若く感じる

●明るくやさしいそうに性格に見える

●安い服でもオシャレに垢ぬけて見える

似合わない時の見え方

●肌が、乾燥して見える。

●肌に影ができて、たるんで見える。

●しわがめだって老けて見える。

●不健康に見える。

●口角が下がって機嫌が悪そうで、不幸そうに見える。

●流行の服を着ても田舎っぽく見える

 

色のイメージまとめ

 黄色味を感じる、きれいで明るめの色

 青みを感じる、濁りのない中間色

 黄色味を感じる、中間から暗めの深みがある色

 青みを感じる、鮮やかで強い色

なんとなくわかってきましたか?