ダイエット

食事制限なしで筋トレダイエットをしたらどうなるか

 

ダイエットして体重を落としたいけど、食事制限はしたくない。

食事制限なしで、筋トレして、基礎代謝をあげて痩せよう。

 

最近の筋トレブーム、このように考える人が増えている。

筋トレはブームで、女性にも中高年にも筋トレの波が来ているが、筋トレで痩せようとチャレンジしている人はいても、成功した人は見たことが無い。

 

実際は、食事制限をしないダイエットはない。

 

どちらかというと、ダイエットは食事制限の方がメインで、トレーニングは身体のかたち作りと思った方がいい。

では、本当に食事制限なしで、自由に飲んで食べて、筋トレをがんばったらどうなるかというと、

「太マッチョ」まっしぐらになる。

プロレスラーのような体型だと思ったらいい。

 

短期集中ダイエットジムのトレーナーをしている知人に聞くと、苦しいダイエットをしたくなかったら、まず食事制限で体重を落としてから、トレーニングした方がいい、と言っていた。

食事制限もつらいし、ハードなトレーニングもつらいのだ。

性格にもよると思うが、苦しさはリバウンドの元だから、苦しさが苦手な人や、運動が好きでない人は、同時にはやらない方がいい。

かといって、食事制限なしで筋トレをして、太マッチョなプロレスラーにもなりたくないと思う。

 

順序が大事なのだ。

まずは食事制限。それからボディメイクのために筋トレ。

もしくは、食事制限と、無理のない運動習慣。

 

ほとんどの人のダイエットには、ハードな筋トレは必要ない。

自重の体幹トレーニングで十分だ。

 

DIETという英語は、もともと「食習慣」という意味だから、ダイエットに食事制限なしという考え方を辞めよう。

太った体でハードな筋トレに取り組むより、食事制限でカラダを軽くしながら、無理のないトレーニングをした方が、カラダにも心にも優しいダイエットになる。

自分のカラダと心に優しくしながら、きれいに痩せれる方が、ハッピーな方法だといえる。

 

本当にいいものは、無理がなくやさしいのだ。

 

影響力が大きかった、経営コンサルタントの船井幸雄氏は、生前に「本物」をこう定義していた。

①つき合うものを害さない ②つき合うものを良くする ③高品質で安全、そして安心できる ④単純でしかも万能である ⑤経済的である

 

高額なジムや、効果のわからないダイエットサプリに頼らなくても、食事制限と無理のないトレーニングをするダイエットは、安心できる本物のダイエット法だといえると思う。