ピラティス

「ピラティスで痩せますか?」「いいえ痩せません」

パーソナルカラー診断を使って、見た目の印象はかなりコントロールできる。

体型もかなりカバーできるから、太っていても、安い服でも、おしゃれな雰囲気を作れる。

 

だけど、本当に見た目を意識するなら、ベースの体型がいい方がいい。

痩せて、引き締まって、姿勢がよくなって、軽くなろう。

 

そう思って、ピラティスでカラダのデザインにチャレンジして、10か月が過ぎた。

10か月で130回くらいレッスンを受けた。

 

だいたい2~6人のグループレッスン、たまにパーソナルレッスン。

インストラクターの先生たちは、体型がキレイで、キャリアもあり、中には先生になる人のための講師の人もいて、フォームや呼吸を意識したレッスンや、体幹トレーニングを受けている。

 

ピラティスを作った、創始者のピラティスさんが、「10回で気分が変わり、20回で見た目が変わり、30回ですべてが変わる」と言っている。

だったら、4回以上すべてが変わったことになる。

 

その結果はというと、

体幹は強くなったし、姿勢が良くなったし、身体が軽くも感じる。

だけど、そんなに痩せてない。

ハッキリ言って、トレーニングの割には痩せてない。

ピラティスって、痩せないんだ。

 

これだけやってこの結果なら、ピラティスでダイエットはおススメできない。

 

正確に言うと、ピラティスはお勧めだけど、ピラティスだけでのダイエットでは痩せない。

 

ダイエットしたい人は、

「筋トレしたら痩せますか?」

「どんな運動したら痩せますか?」

「ダイエットサプリで痩せますか?」

「何を食べたら痩せますか?」

「プロテインを飲んだ方が痩せますか?」

「我慢したら痩せますか?」

と聞く。

 

でも答えは、「いいえ、その考え方では痩せません」

となる。

 

結局、太ってしまった原因を知り、その習慣を新しい習慣に変えないと痩せない。

【DIET】とは、痩せるという意味ではなく、「食習慣」という意味なのだ。

 

食事をコントロールし始めたら、途端に効果が表れ始めた。

食事のコントロールとピラティスで最強のボディデザインになる。

 

「ピラティスと食事のコントロールで痩せますか?」「痩せます」

「筋トレと食事のコントロールで痩せますか?」「痩せます」

「テニスと食事のコントロールで痩せますか?」「痩せます」

「ウォーキングと食事のコントロールで痩せますか?」「痩せます」

「剣道と食事のコントロールで痩せますか?」「痩せます」

 

流行の簡単ダイエットに惑わされてはいけない。

食事のコントロールから逃げてはいけない。

本物のダイエットは、もっとも健康的なダイエットだ。

ダイエットは王道がいちばん早い。