人生のデザイン術

「自分探しの旅」から「自分磨きの旅」へ

 

「自分探しの旅」したいと思いますか?

多くの人は、一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

 

そして一部の人は、本当に放浪の旅へ向かっていきます。

世界中をまわれば、見つかるのでしょうか?

世界の果てまで行けば、本当の自分に出会えるのでしょうか?

海外に長く留学していた人や、外国人と結婚して海外に住んでいる人、海外で働いていた人など、いろんな人に会ったことがあります。

その人たちの多くは、外国語が話せて、ちょっと日本人離れした感覚や常識になっている部分はあるけど、普通に生活している、普通の人です。

特に何かを見つけたような人に会ったことがありません。

海外で本当の自分が待ってくれているわけではないのです。

 

 

日本の心理学の第一人者であり、著書も多数の、早稲田大学名誉教授 加藤諦三氏も、

本当の自分を求めて、若いころに世界を旅したそうです。

世界の果てまで行ったそうです。

でも、期待していたような変化はなかったそうです。

 

ではどこまで行けば、本当の自分が見つかるのでしょうか?

 

 

どこまで探しに行っても見つからないのです。

本当の自分とは、いつもいつも一緒なのです。

 

今ここにいるのも本当の自分。

怒っているときも、不安でたまらない時も、ショックを感じているときも、やる気が満ちている時も、感動している時も、全部本当の自分なのです。

 

探しに行かなくても、どんな時でも、どんな場面でも、どんな気分の時も、一緒にいるのが自分なのです。

 

本当の自分を探したい人は、今が苦しい人です。悩んでる人です。

そして本当は、「自分を磨きたい人」なのです。

もっと成長したい人なのです。

 

旅に出れば、非日常な体験を通して、気づきや成長があります。

自分の事を考えたり、日本の事を考えたりするきっかけになります。

でも非日常体験で、自分が望む変化が起きるのではありません。

 

自信を感じたければ、幸せを感じたければ、自分を知り、自分を磨くのがいちばんの近道です。

特別な才能や資格も必要ありません。

 

不安の感情をコントロールする

怒りの感情をコントロールする。

ショックの感情をコントロールする。

 

感じる感情で自分を知り、その感情をコントロールすればいいのです。

 

不幸そうな人は、不幸な感情を選び、幸せそうな人は、しあわせな感情を選んでいるのです。

感情の使い方で、簡単に不幸にも幸せにもなるのです。

どんな時も、ごきげんでいられる感情を選べば、ごきげんなのです。

 

最初は難しいけど、意識していればどんどん上手になります。

 

自分の感情をコントロールすることができれば、出来事に振り回されない、しあわせな自分に出会えるのです。

そんな人は、それだけで魅力的なのです。