海外旅行

海外旅行で困らない、伝わるカンタン英語

 

海外旅行には、何十回か行ったけど、英語はほとんど話せない。

では、話せなくても大丈夫かと聞かれると、「なんとかなる」と答える。

では、会話して意思の疎通ができるかと聞かれると「できない」と答える。

 

外国に住んで、生活する場合は、「なんとかならない」と思うが、これは、海外旅行という、限定的なケースの英語に限っている。

海外旅行の場合は、シーンが想定できるので、あらかじめ、そのシーンの為だけの英会話を覚えておく。

 

空港・飛行機・ホテル・レストラン・ショッピング

この場面でどんな事をするかをイメージしておいて、あとは一定のフレーズと、知ってる単語と、身振り手振りと、なんと日本語で、なんとかなる。

「How much is this?」これいくら?

「What recommend?」おすすめは?

「I’ll take this one.」これください

「Check ,please」会計してください

「I’m looking for ~」~を探しています

「How can I~?」~はどうしたらいいですか?

 

こういう、短いフレーズを使う場面をイメージして、いくつか覚えて、明るくはっきりした声で言えば、なんとか伝わる。

日本語が混ざっても、身振り手振りで不思議と伝わる。

ホテルの水漏れ程度なら、電話で「Bathroom is broken !   Water!   Water!   Help!  Help!」くらいで誰か来てくれる。

でも、細かい要望やは伝わらないし、アクシデントには対応できない。

これを読んで、怖いと思う人は、添乗員付きのツアーが、楽でいいかもしれない。

 

添乗員付きのツアーでも、自由行動の食事やショッピングの場では、自分で英語で会話する必要はあるので、多少は覚えていった方が安心だし、楽しい。

ただ、ホテルや空港のトラブルには対応してくれるので、添乗員付きのツアーは、心強いと思う。

 

空港で急な欠航などは、英語がわからなければパニックになる。

すぐに近くの日本人を探して声をかけた方がいい。日本人は団体旅行も多いので、そのツアーの添乗員がいたりして、状況だけは把握できたりする。

そして、その団体についていけばいい。

 

海外旅行まで多少時間があって、自分である程度できるようになりたい人は、リスニングに慣れておいた方がいい。

言う時は、単語でも伝わるが、聞くときは、ネイティブの英語はわかりにくい。

日本に来ている外国人は、ゆっくり話してくれるが、海外旅行では、ネイティブはネイティブのスピードで会話してくるので、ほぼまったく聞き取れないと思う。

 

ネイティブの英語に耳を慣らしておく方がいい。

同じフレーズを何度も何度も聞いていくと、少しづつ耳が慣れてきて、英語の単語の区切りが聞き取れるようになってくる。

少し聞き取れるだけで、安心感は大きい。

 

どんなテキストで勉強してもいいが、ヒヤリングとスピーキングを学習できるものがいい。

文字だけで勉強しても、外国ではほとんど役に立たない。

それなら、身振り手振りで、大声で単語を連呼した方が、相手に伝わる。

 

私は今、スタディサプリENGLISHという、アプリを使った方法で6か月勉強している。

これで、英語力は明らかにアップしてきている。

海外旅行には、できればこれを3ヶ月勉強することをお勧めしたい。

 

あとは、翻訳のアプリは持っておきたい。

グーグルマップをオフラインで使えるようにして、英会話の翻訳アプリを持って行けば、とりあえずなんとかなる。