海外旅行

【カンボジア旅行記】アンコールワットの朝日を楽しむための必需品


1月のカンボジアはベストシーズンで、湿度が低くて過ごしやすい。

気温も朝晩は少しひんやりして気持ちよく、太陽が出ると30℃くらいになって、プールサイドが気持ちいい天気になる。

しかし、アンコールワットの朝日を見たければ、気をつけないといけないことがある。

サンライズ観光なら当然、夜明け前にアンコールワットに到着している必要がある。

そして、移動の手段は、トゥクトゥクというバイクタクシーを利用することが多いと思う。

シェムリアップの町の、多くのホテルがあるエリアから、アンコールワットへは、トゥクトゥクというバイクタクシーで、20〜30分程度は走ると思う。

20分は結構長い。

20分間、朝のひんやりした風を浴びていると、身体はどんどん冷えていく。

寒くて寒くてたまらなくなる。

長袖のパーカーを着てストールもしていたが、とにかく寒い。

真っ暗な道を走るトゥクトゥクに寒さで震えながら乗っていた。

トゥクトゥクのドライバーを見ると、ダウンジャケットのような服を着ていて手袋までしている。

普通に歩いているときには、長袖とストールがあれば大丈夫だが、トゥクトゥクに乗った時の夜明け前の風がよくない。

 

今度行く時には、防寒対策をしっかりしたい。

ウィンドブレーカーを着て風から体温をまもりたい。

足元も寒いので、レッグウォーマーをしたい。

 

これから行く人は、防寒対策をお忘れなく。

 

そして、バイクがこれ以上は入れないところまで着くと、徒歩でサンライズ見学の場所まで向かっていく。

この道が暗い。しかも足元が悪い。

大勢の観光客が歩いているが、足元も見えないくらいの、真っ暗な道を歩くことになるので、たまに転んでいる人もいて危ない。

 

今回は、LED懐中電灯を持っていたので無事に歩けたが、ないと不安な道だった。

これから行く人は、ライトの準備を忘れずに。

 

それと、気をつけたいのが、靴だ。

サンライズだけだからと軽い気持ちで、ビーチサンダルなんかで行ったら悲惨なことになる。

石造りの暗い遺跡への道を歩くのに相応しい靴がいい。

スニーカーがいい。全体が石なので、硬い感触がゴム底だと辛くなると思う。

暗いうえに段差があったり、不安定な道なので、歩きやすい靴をおすすめしたい。

 

寒さ対策、暗さ対策、硬さ対策。

自分で手配して行く人は、これらはしっかり準備しましょう。

 

これにプラスして、ホテルでは毎回、出かける時には、蚊対策としてレモングラスの虫よけハーブを手や足や首に塗ってくれたので、蚊にも対策した方がいいでしょう。

 

やっとアンコールワットの朝日が見える場所に到着しても、しばらくは真っ暗なところにジーッと立って待つことになる。

アンコールワットのサンライズは、アンコールワットの手前の池にシルエットが移る姿を見るために、池の水際にずらーッと並んで日の出を待つ。

夜は少しずつ少しずつ明けていく。

 


ベストシーズンなので観光客が多いとは聞いていたが、夜明け前からすごい人数が立っている。

アンコールワットに向かって何層にも人垣ができて、まるで満員の通勤電車みたいになっていた。

アンコールワットの観光旅行に、ひとりで行っている人のブログ記事がたくさんあるが、「ここにひとりで来るのは嫌だな~」、と思いながら朝日を待った。

 

そして待望のサンライズの時間が来た。

カンボジアの、澄んだピンク色の空をバックに浮かび上がるアンコールワットは神秘的だ。

大勢の人がいるのに、そこには静かで清らかな時間が流れていた。