海外旅行

《ボラカイ島の遊び方》アクティビティでマリンスポーツを楽しむ


ボラカイ島は、砂浜が美しい小さなビーチリゾートなので、海を楽しむことで大半の時間を過ごす。

海を見ながら朝食を食べ、ビーチを歩き、海を見ながらプールでくつろぎ、海に沈む夕日を眺める。

そして、多くの観光客は、アクティビティでマリンスポーツを楽しむ。


乗り物酔いをしやすいので、マリンスポーツをするつもりはなかったが、 友人が「パラセイリング」をしたいと言い、海を見るか食事する以外には、何もすることがなかったので、パラセイリングをすることにした。

 

ホテルの前のビーチで声をかけてきた、勧誘さんとの価格交渉の結果、「パラセイリング」・「ジェットスキー」・「ヘルメットダイビング」という、3種類ものマリンスポーツをすることになった。

 

マリンスポーツの価格交渉

マリンスポーツの勧誘さんは、みんな同じようなメニューを持って声をかけてくる。

彼らは、お客を勧誘して、アクティビティを主催する会社に、紹介する役で、主催会社からの決まった価格に、中間マージンを上乗せして、彼らの収入にしている。

なので、まずは思いっきり高い値段で言ってくる。

交渉すると当然値引きするので、あとはどのくらいまで出すかは、自分次第になる。

 

価格が決まったら、アクティビティの会社の窓口のテントに移動し、いろいろ記入して、ボートに乗り込み、それぞれのアクティビティの母船に移動して、アクティビティがスタートする。

勧誘の人は、ずーっと一緒に移動するシステムだったので、交渉の時に話しやすい人を選ぶことは大切。

母船間の移動も、ビーチで声をかけてきた勧誘さんが、ずっと同行する。

荷物を持ってくれたり、写真を撮ってくれたり、待機中に椅子を探してくれたり、面倒をみてくれる。

今回の勧誘さんは、瞳がきれいで、まだ擦れてない、島の若者だった。

 

価格交渉の結果は?

まず、友人がパラセイリングをやってみたいと言うので話を聞いたら、2人で5000ペソという強気な価格。

ペソは約2.3倍だったので日本円で約11500円。(ふっかけてる~( ゚Д゚))

 

当然「プライスダウン」と交渉したら、少しづつ下がってきて、2人で3000ペソまでダウン。

でも前日、別の勧誘さんが、3つのアクティビティで4800ペソまで安くする、と声をかけてきたことを思い出し、交渉した。

 

結果は、【パラセイリング】、【ジェットスキー】、【ヘルメットダイビング】の3つのマリンスポーツをして、2人で5000ペソで交渉成立。

最初のパラセイリングだけで5000ペソが、いかに無茶苦茶な価格かわかる。

 

 

 ボラカイ島のマリンスポーツ

ボラカイ島は、かなりの遠浅の海なので、沖まで行かないと、パラセイリングとジェットスキーなどの姿は見えない。

だから、マリンスポーツをするためには、まずボートに乗って、沖まで行く必要がある。

そのボートが、かなり揺れるので、船酔いしやすい人は、この時点で気分が悪くなるかもしれない。

ボラカイのアクティビティは、システム化ができていて、沖に出ると各マリンスポーツの母船があり、母船間をボートを使って移動する仕組みで、大掛かりな海の遊園地のようになっていた。

移動も船、待つのも船、アクティビティのスタンバイも船、とにかくずーっと揺れていて、1つめのパラセイリングが始まる頃には、少し酔ってしまっていた。

 

空から見るボラカイ島は、南の島らしい、ヤシの木が鬱蒼と茂る、緑豊かな美しい島だったが、途中からは乗り物酔いで、ムカムカとの戦いになってしまった。

 

次にジェットスキーの母船に、ボートで移動。

その時には、パラグライダーで着水して、ビショビショなのに、乗り物酔いがMaxという、やばい状態に。

もうジェットスキーは断ろうかと思ったけど、母船で待ってても、どうせ母船も揺れるんだから、やるしかないと覚悟を決めた。

 

初めてのジェットスキー。

最初に操作の説明のためのデモンストレーションの試乗がある。

その運転が荒っぽくて激しくて、海面との接触の衝撃が予想外に激しく、ガツンガツンときて、振り落とされそうで怖かった。

恐怖とムカムカで、「顔が真っ白になってたよ」、と後で言われたくらい絶不調になってしまった。

でも、初めてのジェットスキーの運転は、

楽しかった。

 

グリグリと進む感触に、「海ってこんな感じなのかー」って、人生で初めての「波のうねり」に、大自然を感じ、ムカムカは和らいでいった。

乗り物酔いしやすい人って、自分で運転すると気分が回復するのは何故なんでしょう。

 

あとは最後のヘルメットダイビング。

これも想像以上に荒っぽかった。

 

「下を向いてはいけない」「耳抜きするように」という簡単な説明を受けて、重いヘルメットをかぶって、母船のハシゴを降りていたら、急に誰かに引っ張られ、海底に沈められた。

 

引っ張られてどんどん沈むと、とにかく「耳が痛い」
痛タタタター!頭が膨張して鼓膜が危険な状態に。

うまく耳抜きができなくて、水中で痛みとの戦い。

下を向いたらヘルメット内に水が入ってきて、危険と恐怖を感じたけど、荒っぽい係員はおかまいなしに移動させる。

 

海底に着くと、魚はいっぱいいたけど、ムカムカと耳の痛さと、水が入ってくる恐怖で、すでにレジャーではなくなっていた。

(ただ、あとでもらったDVDに映った自分の姿は、熱帯魚に囲まれて楽しそうに見えた。)

 

全てが終わってボラカイの砂浜に着いた時には、「やっと帰ってきた」という安心と、ムカムカで、ヨレヨレ。

 

一緒に行った友人からは「マリンスポーツ向いてないと思うよ」って、ポツリと言われる始末。

 


ビーチリゾートが大好きなのに、海が苦手。
だから俗にいう、マリンスポーツを避けてきた。

理由は、泳げないのもあるし、海水が口に入るのが嫌なのもあるし、砂まみれになるのが嫌なのもあるけど、いちばんの理由は「乗り物酔い」。

前に、ペナン島でシーカヤックを借りて、一人でのんびり沖まで漕いで行って、ほとんど波がない場所でぼーっと過ごしたら、小さな波の揺れを体が覚えていて、夜中にベッドで激しい船酔いを起こしてしまって、吐き続けたくらいの酔いやすさ。

なので、今回チャレンジしたマリンスポーツは、おそらく人生最後になる。

 

 

でも新しい体験だったし、やってよかった。

ボラカイ島のアクティビティは、「ジェットブレード」のような新しい種目はなく、オーソドックスなものばかり。

でも交渉次第で価格は安くなるし、乗り物酔いしない人なら、ワイルドなレジャーとして楽しめるでしょう。

 

ボラカイ島のアクティビティで残念だったこと

ひとつ気になったのは、チップの要求が当たり前のようになっていたこと。

どの母船でも「チップ」「チップ」「チップくれ」「チップくれ」って言ってくる。

ムカムカで余裕なかったし、財布を持ってきてなかったので無視したけど、ちょっと残念な習慣だと感じてしまった。

日本では、お金を無心されたりチップを要求されることはないけど、海外の国では当たり前に要求されることがある。

日本では当たり前の、安全、教育、サービス、これらがない国がたくさんある。

海外旅行に行くと、日本って本当にいい国だなーって心から思える。

 

●全ボラカイ島旅行記

【ボラカイ島旅行記】近くて遠いボラカイ島への行き方 

【ボラカイ島旅行記】ボラカイ島のホテルの選び方あれこれ

【ボラカイ島旅行記】治安、物価、両替などの実際のまとめ

《ボラカイ島の遊び方》高級ホテル「シャングリラ」もハッピーアワー

《ボラカイ島の遊び方》アクティビティでマリンスポーツを楽しむ

【ボラカイ島旅行記】本当のベストシーズンと必需品