人生のデザイン術

【見た目の法則】なぜ第一印象は重要なの?

「人は見た目が9割」という本がベストセラーになったり、美容エステや脱毛サロンに通う男性が増えたり、時代と共にプチ整形などの整形手術をすることへの抵抗も低くなってきていたり、見た目を感じ良くしたいと思っている人が増えていると感じます。

恋愛だったり、仕事だったり、面接だったり、人間関係だったりを少しでも良くするため。

自分の良さを引き出して自信を持つため。

さまざまな理由で見た目に気を使うのです。

心理学で有名なメラビアンの法則では、人は視覚の影響を大きく受けるとか、第一印象はわずか数秒で決まり、そのイメージを変えるには年単位の時間がかかるとかいわれています。

確かに、この人はこんな人だろうと思ってしまうと、よほどイメージを変えるシーンがなければ、なかなか印象を変えるチャンスはありません。

それが大事な仕事の取引先や、長い付き合いになる会社の上司や同僚、伴侶の親戚関係などとなると、誤解されたままでは不要な苦痛が生まれることになります。

私はイメージアップコンサルタントとして、パーソナルカラー診断を取り入れたイメージアップのアドバイスやサポートをしてるので、何が「感じがいい」と思われるのかを考えてみました。

やはり一番は「笑顔」

自分に向けられたやさしい笑顔がキライな人はほとんどいません。

笑顔と共にオープンハートなコミュニケーションを心がける人を感じが悪いとは思わないのです。

イメージアップコンサルはあくまでもサポートです。第一印象でその人のやさしい気持ちや魅力が相手に伝わりやすくするお手伝いです。

どんなに色のチカラを使っても、いつも不機嫌で人間嫌いな人の印象を良くすることは難しいのです。

もしあなたが、第一印象が悪いとしたら、これからは少し勇気を出して、自分から笑顔で話しかけてみませんか。

そんな小さな行動で、第一印象は大きく変わりますよ。

そんなあなたが、色のチカラを使って印象をコントロールすれば、いっそう輝く魅力的な人物になれるはずです^ – ^